温熱による体のケアについて知っていること

体を物理的に温めることによって、体のコンディションを改善する器具の総称を温熱治療器と言います。体を温めることによる不調の改善は古くから研究が重ねられています。
草分け的な治療法としては「三井の温熱治療法」があります。
もともとは指圧の治療をおこなっていたあとの治療器の開発者が、さまざまな患者の治療を通して「体を温めることで治癒力が高まる」ことを発見したのがきっかけで、当初は美容院でパーマを当てる際に使用するアイロンを使って温熱治療を開始したと伝えられています。のちに、幹部をあたためる目的に特化した温熱治療器を開発し、本格的に治療を始めたのは昭和61年頃からで、このころにはまだ、ヒートテックプロテインなどの温熱効果の原理が解明されていませんでした。それにもかかわらず、温熱治療がガンなどの難病治療に効果があるとされ、その時代においては画期的な治療法の1つとして知られるようになりました。
現在では、さまざまな温熱治療器が開発されています。
末端冷え性や、低体温などの理由の一つに自律神経の乱れがあります。自律神経にはストレスを感じた際に優位になる”交感神経”と体の緊張を和らげる「副交感神経」があり、交感神経が優位になると血管を収縮させ、血流を悪くして体温が下がります。体温を正常に戻すには、交感神経の働きをおさえ、副交感神経を優位にする必要があり、副交感神経を優位にするのに効果的なのが温熱治療です。
冷えた部分をあたためると同時に、気持ちがいいと感じることでリラックスし、副交感神経が優位になるため、血管の収縮を開放して体全体の血流をよくすることで低体温、冷え性を解決します。
温熱治療は、体に良い治療器です。

安いスマホは機能もメリットがあるのか?

安いスマホのメリットは、なんといっても、安い基本料金でスマホが持てるところです。

料金面についてのメリットは大きく、キャリアのスマートフォンを持つと、少なくとも月に6,500円程度の費用が必要になります。

安いスマホであれば、月額料金がとにかく安く、料金体系がわかりやすくなっています。
また、ほとんどの格安スマホは、今までの電話番号を引き継げるメリットがあります。

安いスマホは、月々の料金が低いので、負担が少ないです。大手携帯電話会社の高いスマホから格安スマホに乗り換えれば、毎月2,000円~3,000円くらいでスマホを利用することができます。

通常、毎月6,000円~7,000円くらいはかかるので、大幅に安くなります。
大手携帯電話会社の場合、複雑な料金プランになっているので、理解しづらい部分があります。
割引制度がいくつもあって、よくわかりません。

その点、格安スマホの料金プランはシンプルで、使えるデータ容量や声通話の有無、セットになる端末などでプランが分かれています。

用意されているプランが整理されていてわかりやすくなっているのが安いスマホのメリットで、ややこしい割引制度がありません。

春の優しい日差しの中で花を奏でる

春の風が吹き始めると開花するともいわれているアネモネ。その名は、ギリシャ語で「風」を意味する「ancmos」が語源。英語では「wind flower (風の花)」といいます。空を見上げるように上を向いて咲く姿が愛らしく、ついのぞき込んでしまうのですが、はじめて見たときに驚いたのが、おしべとめしべの表情でした。風にそよぐような、薄く繊細な花びらとは対照的。
真っ黒のベルベットのくるみボタンのようなめしべのまわりに、無数のおしべがぐるりと1周囲んでいて、とても力強いのです。この表愉が素敵なので、アネモネのブーケでは蕾は使わず、咲ききったものを中心に。花の人きさが10cmほどの大輪のモナリザを、ピンクや紫などを中心に白を入れることで、やわらかい印象に仕上ぼました。
季節ごとにたくさんの花があり、それぞれに楽しみがありますが、やっぱり春は特別です。斜めにさし込むやわらかな光のもと、草花が芽吹き、色とりどりの花を日にすると、なんとも幸せな気持ちになります。
この春の喜びを感じてほしくて、「花の会」では毎年、生まれたての“春”をブーケにしています。芽吹きたての草花は背丈が低く、花は小ぷりで繊細。花の色だけではなく、茎や葉の緑もやさしく淡い色調なので、何を介わせても嫌みがありません。たくさんの穐類の花を楽しみたいので、すべて1本ずつ。気づけば20種類以上になってしまうのですが、「かわいい」と思うものを集めるだけで、自然と花合わせはできてしまうのです。
束ねているときに漂う、どこか草っぼい甘い香りも、存ならではです。
少ない本数でもボリュームが出るように、大輪のチューリップとガーベラを中心に合わせました。チューリップの中でも大輪のピクチャーはクラウン咲きという変わった咲き方の品種で、工冠のような愛らしい形。花もちがいいのもうれしいところです。ピンクのグラデーションで色合わせをしたブーケですが、ヒヤシンスの濃いピンクで甘さを引き締めて。ラムズイヤーのスモーキーなグリーンを添えることで、大人っぽい印象に仕上げています。
ピンと張ったまっすぐな茎のチューリップだけを束ねると、かっちりとした印象になります。ここでは、存の庭の蛾色をひとまとめにしたようなブーケにしたくて、ルッコラやストック、ナズナなどの春の草花を一締に束ねました。きゃしゃで動きのある草花を介わせることで、庭先に自然に生えているような、普段づかいのブーケに。ふわりとした草花とコロンとしたチューリップの質感の違いもおもしろく、白のグラデーションの色合わせに深みが増します。春の花を使用したお祝いのスタンド花を制作してくれる花屋